○下諏訪町防犯灯設置事業補助金交付要綱

平成23年9月27日

町要綱第24号

防犯灯設置事業補助金交付要綱(平成19年下諏訪町要綱第23号)の全部を改正する。

(趣旨)

第1条 この要綱は、地球環境への負荷の少ないLED防犯灯の設置を促進し、もって経費節減及び地球温暖化対策並びに夜間における犯罪の発生防止と通行の安全を図るため、区又は町内会が行う防犯灯設置事業に要する経費に対し、予算の範囲内で補助金を交付することについて、下諏訪町補助金等交付規則(平成15年下諏訪町規則第1号。以下「規則」という。)に定めるもののほか、必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この要綱において、次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。

(1) 防犯灯 夜間における道路歩行中に発生する犯罪及び事故等を未然に防止する目的で、区及び町内会が設置し維持管理する公共的夜間照明灯をいう。

(2) 従来型防犯灯 LED防犯灯以外の防犯灯をいう。

(3) LED防犯灯 内照部分の光源に発光ダイオードを使用した防犯灯をいう。

(設置基準)

第3条 防犯灯の設置は、防犯上特に必要であり、かつ、次の各号に定める全ての基準に適合するものでなければならない。ただし、町長が特に必要と認めた場合は、この限りでない。

(1) 設置する防犯灯が、道路管理者が設置する道路交通照明灯及び個人の家の門灯に該当しないものであること。

(2) 設置する防犯灯から最も近い既設の防犯灯までの直線距離がおおむね50メートル以上あり、その間に防犯灯に類する照明器具がないこと。

(3) 防犯灯を設置する場所に、既設の電柱又はこれに類するものがあって、供架することができ、又は当該防犯灯用の支柱を設置することができること。

(補助対象)

第4条 補助の対象は、区又は町内会が設置する防犯灯とする。

(補助金の額)

第5条 補助金の額は次のとおりとし、100円未満の端数が生じたときは、これを切り捨てた額とする。

(1) LED防犯灯を新設する場合

 LED防犯灯の設置に要する費用1灯につき事業費の3分の2以内とし、20,000円を限度とする。

 支柱の設置に要する費用1本につき事業費の2分の1以内とし、17,500円を限度とする。

(2) 従来型防犯灯をLED防犯灯に更新する場合

 LED防犯灯へ機種変更する費用1灯につき事業費の2分の1以内とし、10,000円を限度とする。

(交付申請)

第6条 補助金の交付を受けようとする区長又は町内会長(以下「申請者」という。)は、防犯灯設置事業補助金交付申請書(様式第1号)及び次の書類を町長に提出しなければならない。

(1) 防犯灯設置許可書の写し

(2) 事業費の見積書の写し

(3) 設置箇所を示す略図

(補助事業の内容の変更等)

第7条 申請者は、申請した補助事業の内容を変更しようとするときは、遅滞なくその旨を町長に申請し、承認を受けなければならない。

2 前項に規定する承認の申請は、防犯灯設置事業変更申請書(様式第2号)に、変更内容を確認できる書類を添えて提出するものとする。

(実績報告)

第8条 申請者は、補助金の交付の対象となる事業が完了したときは、規則第12条に定める補助事業等実績報告書に次に掲げる書類を添えて、速やかに町長に提出しなければならない。

(1) 収支決算書

(2) 事業着手前及び設置完了後の写真

(3) 契約書の写し又は請負書の写し

(4) 領収書の写し

(5) その他町長が必要と認める書類

(補則)

第9条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、町長が定める。

附 則

この要綱は、公布の日から施行し、平成23年8月1日から適用する。ただし、第5条第2号に規定する補助金については、平成31年3月31日限り、その効力を失う。

附 則(平成25年3月22日)

この要綱は、公布の日から施行する。

附 則(平成25年3月22日)

この要綱は、平成25年4月1日から施行する。

附 則(平成27年3月27日)

この要綱は、公布の日から施行する。

附 則(平成30年3月23日)

この要綱は、平成30年4月1日から施行する。

画像

画像

下諏訪町防犯灯設置事業補助金交付要綱

平成23年9月27日 要綱第24号

(平成30年4月1日施行)

体系情報
第3類 行政一般/第3章 印鑑・住民
沿革情報
平成23年9月27日 要綱第24号
平成25年3月22日 要綱第2号
平成25年3月22日 要綱第20号
平成27年3月27日 要綱第6号
平成30年3月23日 要綱第4号