○下諏訪町赤砂崎公園防災ヘリポート条例

平成26年3月24日

町条例第2号

(趣旨)

第1条 この条例は、地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第1項の規定に基づき、下諏訪町赤砂崎公園防災ヘリポート(以下「ヘリポート」という。)の設置及び管理に関し必要な事項を定めるものとする。

(設置)

第2条 緊急医療活動、消防活動、警察活動若しくは災害対策等(訓練を含む。)又は公共・公益施設の維持管理の用に供するため、ヘリポートを設置する。

(名称及び位置)

第3条 ヘリポートの名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

下諏訪町赤砂崎公園防災ヘリポート

下諏訪町10944番地

(管理)

第4条 町長は、ヘリポートを常に良好な状態で管理しなければならない。

(ヘリコプターの全長及び重量の制限)

第5条 ヘリポートにおいて、離着陸することができるヘリコプターは、全長31メートル以下かつ最大離陸重量23トン未満とする。

(使用の禁止)

第6条 ヘリポートは、第2条に規定する設置目的以外でのヘリコプターの離発着のための使用を禁止するものとする。ただし、町長が特別の事情があると認めた場合は、この限りでない。

(使用の許可)

第7条 ヘリポートをヘリコプターの離発着のために使用しようとする者は、規則で定めるところによりあらかじめ町長の許可を受けなければならない。

(使用の制限)

第8条 町長は、次のいずれかに該当するときは、ヘリポートの使用を中止し、又は許可しないことができる。

(1) 管理上支障があると認められるとき。

(2) ヘリポートを使用させることが適当でないと認めるとき。

(3) その他町長が必要と認めるとき。

(使用料)

第9条 ヘリポートの使用料は、無料とする。

(損害賠償)

第10条 故意又は過失によりヘリポートの施設等を破損し、又は滅失したときは、遅滞なくその旨を町長に届け出て、その損害を賠償しなければならない。

(委任)

第11条 この条例に定めるもののほか、必要な事項は、規則で定める。

附 則

この条例は、平成26年4月1日から施行する。

下諏訪町赤砂崎公園防災ヘリポート条例

平成26年3月24日 条例第2号

(平成26年4月1日施行)