個人情報保護制度

最終更新日: 2015年4月15日

個人情報保護制度について説明いたします。

下諏訪町では、個人の権利利益を保護するため、下諏訪町個人情報保護条例を制定し、平成16年4月から「個人情報の保護制度」を実施しています。

個人情報保護制度は、町が保有するすべての個人情報の収集、保管、利用等についての基本的なルールを定めるとともに、自己に関する個人情報の開示請求権、誤った自己情報の訂正等の請求権、さらには、条例に違反して利用・提供した場合の当該利用・提供の中止を請求する権利など、「自己情報コントロール権」として保障するとともに、個人情報の適正な取扱いに関し必要な事項を定めることにより、個人の権利及び利益を保護し、もって町民の基本的人権の擁護と公正で公平な町政の推進に資することを目的としています。

下諏訪町個人情報保護条例

(1)個人情報の取り扱いについて

個人情報とは、氏名・住所など個人に関する情報であり、情報保有者本人が特定できるものをいいます。
町では、住民の皆様からの申請、届出、申し込み等によって得られた個人情報につきまして、適正に管理を行い、申請、届出、申し込み等にかかる事務を行うために使用しています。
各事務の所管課では、個人情報を取り扱う事務ごとに、どのような事務で利用しているか明らかにするため、「個人情報取扱事務一覧表」を作成し、公表しています。

個人情報取扱事務一覧表

個人情報の収集の制限

個人情報を収集するときは、収集の目的を明らかにし、必要な範囲内で、適法かつ公正な手段により、原則として本人から収集します。
思想、信条、宗教等に関する情報は、法令等に定めがあるときを除き、収集しません。

個人情報の利用および提供の制限

収集した個人情報は、内部においても事務に必要な範囲内で使用し、情報保有者本人の身体・生命・財産等を保護するため、急を要する場合など、相当の理由があると認められる場合を除いて、目的以外の利用はいたしません。
個人情報は、本人の同意や法令等の定めがあるときなどを除いて、外部には提供しません。

個人情報の適正な管理

収集した個人情報は、正確かつ最新の状態に保ちます。
外部への漏えい、滅失、き損、および改ざんを防止します。
保有する必要がなくなった個人情報は、確実かつ速やかに廃棄または消去します。

(2)個人情報の開示請求等について

各所管課が保有している個人情報は、情報保有者本人(未成年者又は成年被後見人の法定代理人)が、自己情報の開示・訂正・削除・利用停止の請求ができます。

個人情報の開示請求

個人情報について、開示請求・訂正請求・利用中止請求(消去請求)ができます。

開示できないことがある個人情報

法令等の定めにより開示できないとされているもの
個人の評価、診断、相談、選考等に関するものであって、開示することにより評価、診断、相談、選考等に著しい支障を生ずる恐れがあるもの。
請求者以外の個人に関する情報が含まれている場合であって、開示することにより当該個人に不利益を与えるもの。

詳しくは、各所管課におたずねください。

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

総務課 情報防災係
下諏訪町4613-8
電話番号:0266-27-1111
ライフシーンから探す