郷土の味体験日が開催されました!

最終更新日: 2018年3月10日

平成29年度、2回目の「郷土の味体験日」が保健センターで開催され、親子18組が参加しました。

この体験日は下諏訪町食生活改善推進協議会が中心となって平成20年にスタートし、今回で19回目となりました。毎回、子育て中の保護者の皆さんに手作りの家庭料理の良さを感じてもらえるよう、心をこめて作った料理を提供しています!


今回は「春のおもてなし」をテーマに準備をしました。
雑穀ごはん、野菜とキノコの豚肉巻き、鶏とごぼうの炒めもの、凍り豆腐の揚げ煮、さつまいもの牛乳煮、寒天寄せなど全部で12品の体験メニューとなりました。
盛り付けの様子 盛り付けられた体験メニュー
 

最初に、子育てふれあいセンターぽけっとの須崎園長先生に指遊び「いっぽんといっぽんで」を教えていただきました。続いて、食生活改善推進協議会のみなさんから料理の紹介をしました。
手遊びをしている様子 食改さんが料理の説明をしている様子
 
試食の様子 試食の様子 

紹介レシピはこちらのPDFをご覧ください。(236KB)(PDF)
 

<参加した保護者の感想を紹介します>
・沢山の品数の試食ができ、食育に関して見直す良い機会でした。ありがとうございました。
・自分でも作れそうなレシピがたくさんあったので、チャレンジしたいと思いました。
・子供たちも、こういう風に料理すれば、野菜もたくさん食べてくれる様な気がします!
・自分では普段使わない食材があったので、使ってみたいと思いました。
・子供もおいしくいただきました。味つけ具合等、勉強になりました。ごちそうさまでした。
 

嬉しい感想を沢山ありがとうございました。
下諏訪町食生活改善推進協議会は継続して子育て世代の食卓づくりを応援します!

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

健康福祉課 保健予防係
下諏訪町4613-8
電話番号:0266-27-1111
ライフシーンから探す