2018年12月5日 125周年記念の最終事業を終えて

最終更新日: 2018年12月5日

 早いものでもう師走。今年は、下諏訪町町制施行125周年ということで数々の記念事業を行ってまいりました。11月も「全国歴史の道会議」「全国川ごみサミット」など全国レベルのイベントが記念事業として盛大に開催されました。
 文化庁、県教育委員会主催の「全国歴史の道会議」は長和町と共催し、中山道唯一の温泉宿場町として栄えた下諏訪宿や幕末の水戸天狗党進軍による和田嶺合戦や相良総三以下赤報隊事件などの歴史を全国各地からお越しいただいた皆様にお伝えすることが出来ました。
 「全国川ごみサミット」では、諏訪湖浄化活動に長年取り組んできた「湖浄連」の活動が高く評価されると共に、小学生、高校生の活動発表に多くの賛辞が寄せられました。サミット翌日には、諏訪湖岸清掃にも多くの皆様に参加していただきました。全国各地で環境問題に対し真剣に取り組む団体の姿に勇気と感動を覚えました。

 12月に入り2日には、最終の記念事業となる「水月公園千本桜構想プロジェクト」による記念植樹祭が開催されました。お天気にも恵まれ100人を超える皆さんに参加していただき、松代の団体よりいただいたマツシロベニヒガン桜とカンザンの植樹を行いました。
 水月公園は明治35年に水月会の皆さんにより桜の名所として開設され、現在580本の桜がありますが、その殆どがソメイヨシノで約3割が老木となっており、早急な対応が必要となっております。今後5年ほどを掛けて千本桜とし、かつての桜の名所として親しまれた公園を復活させたいと願っています。当日は、多くの子供たちにも植樹を手伝ってもらい名前を記した記念の札も設置しました。

 こうした数々の記念事業を通して、下諏訪の貴重な歴史を知り、諏訪湖や水月公園の環境を考えるきっかけとなってくれたら、まさに125周年事業の目的に適うものだと感じました。記念事業開催にあたり、ご参加ご協力をいただいた多くの皆様に心より感謝申し上げます。
 ありがとうございました。

全国歴史の道会議 全国川ごみサミット

記念植樹祭

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

総務課 情報防災係
下諏訪町4613-8
電話番号:0266-27-1111
ライフシーンから探す