企画展「下諏訪の人々が見た和田嶺合戦」

最終更新日: 2019年10月19日

  宿場街道資料館では、企画展「下諏訪の人々が見た和田嶺合戦」を開催中です。

 元治元年(1864)11月20日、攘夷を訴え京都へ進軍する水戸の天狗党とそれを迎え撃つ高島・松本藩との戦いが和田嶺砥沢口にて勃発しました。

 約300年も平和な時代が続いていた江戸時代に突如として起こった戦争を当時の下諏訪の人々はどのように感じ、また行動したのでしょうか。

 戦場となった村では急ぎ陣場が築かれ、また戦いに参加した村人もいました。

 企画展では、当時の下諏訪の人々が目撃したままを記した合戦記録や、戦場に残された砲弾などの史料から和田嶺合戦の勃発から戦後処理までを紹介します。

Picture_Wadarei-Fujin
  和田嶺合戦 高島・松本藩連合軍布陣図

 開催期間及び開館時間について

期  間:令和元年10月19日(土)~12月1日(日)

場  所:宿場街道資料館 展示室

開館時間:午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

休 館 日:月曜日(祝日の場合はその翌日)

入 館 料:無料

交通情報

お車:長野自動車道岡谷ICから約15分 電車:JR中央本線下諏訪駅から徒歩10分

地図


このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

教育こども課 博物館
下諏訪町4613-8
電話番号:0266-27-1627
ライフシーンから探す