戸籍の届出 婚姻届

最終更新日: 2012年7月6日

婚姻届出に必要なもの
  1. 届出用紙 (書式は全国共通です。お近くの市区町村でお受け取りください)
  2. 婚姻される2人の、旧姓の印鑑 (届書に押印したもの)
  3. 窓口に来られる方の本人確認用の書類
  4. 戸籍謄本 (届出先が本籍地の方は不要です)

届出用紙の記入に関する留意点

  • 印鑑 ・・・婚姻される2人と証人2人は、同姓であってもすべて異なる印鑑で、朱肉を使用して押印します。(浸透印、スタンプ印は使用できません)
  • 証人・・・ 成人2人の、署名と押印が必要です。
  • 未成年者が婚姻する場合
    • 男性は18歳、女性は16歳に達している必要があります。
    • 未成年者は両親の同意が必要です。署名、押印のある同意書をご用意ください。

      注:この同意書には定められた様式はありません。

届出の場所

  • 婚姻される2人のどちらかの本籍地若しくは住所地、または一時滞在地の市区町村役場です。

その他、届出に関する注意事項

休日など、閉庁時間に届け出る場合

  • 平日の開庁時間内に、届書記載内容の審査を戸籍担当者から受けた上で、宿日直室へ提出してください。
  • 事前の審査がなくても休日に提出することはできますが、書類の不備や添付書類不足等があった場合は、提出日を受理日(婚姻日)とすることはできません。
    注:改めて来庁していただくことがありますのでご注意ください。

婚姻に伴い住所を変更する場合

  • 戸籍の届出とは別に、開庁時間内に住所変更の手続きを行う必要があります。
    注:戸籍の届出では、住民票上の住所は異動しませんのでご注意ください。

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

住民環境課 総合窓口係
下諏訪町4613-8
電話番号:0266-27-1111
ライフシーンから探す