所得税の確定申告、町民税・県民税の申告相談が始まります

最終更新日: 2018年1月15日

平成29年分の所得税の確定申告と町民税・県民税の申告相談が2月16日(金)から始まります。所得税の還付申告のみ2月14日(水)から受け付けます。
毎年、申告期限が間近になりますと会場が大変混雑し、長時間お待ちいただくことになる場合がありますので、申告はできるだけ早めに済ませていただきますようご協力ください。
申告期限は平成30年3月15日(木)です。

役場での申告相談・税理士による無料確定申告相談         会場:町庁舎4階 講堂
内容 日程 受付時間

町職員による確定申告・
住民税申告相談

平成30年2月16日(金)~3月15日(木)
 還付申告のみ2月14日(水)~
午前9時~正午
午後1時~4時
税理士による
無料確定申告相談

平成30年2月16日(金)、       
    2月19日(月)~2月21日(水)

午前9時30~正午
午後1時~3時

 以下の申告は相談内容が複雑になりますので、役場での申告相談・税理士による無料申告相談ではお受けすることができません。諏訪税務署での申告をお願いいたします。

  • 青色申告の方
  • 土地や建物、株式、ゴルフ会員券などの資産の売却や交換をした方
  • 事業所得、農業所得、不動産所得及び雑所得のある方のうち、前年分の所得金額が300万円超の方
  • 新たに住宅借入金等特別控除を受ける方
  • 贈与税、消費税の申告をされる方
税務署での確定申告                       会場:諏訪税務署 1階
会場 日程 受付時間

諏訪税務署

平成30年2月16日(金)~3月15日(木)
還付申告は申告期間前でも受付しています

午前9時~午後5時
 

(注)税務署・町役場ともに土曜日・日曜日はお休みです。また、お昼休み(正午から午後1時)は受付できません。

申告にあたりご用意いただくもの(相談の際にお持ちください)

  • 印鑑(認印可)
  • 個人番号確認書類と身元確認書類の写し(コピー)
    【マイナンバーカード(個人番号カード)をお持ちの方】

     マイナンバーカードの表面及び裏面の写し(コピー)をお持ちください。

    マイナンバーカード見本

    【マイナンバーカード(個人番号カード)をお持ちでない方】

    (1)番号確認書類と(2)身元確認書類のそれぞれの写し(コピー)をお持ちください。

    (1)番号確認書類 (2)身元確認書類

    《本人のマイナンバーを確認できる書類の写し》
    ・通知カード
    ・住民票の写し
    (マイナンバーの記載のあるもの)

    のうちいずれか1つ

    《記載したマイナンバーの持ち主であることを確認できる書類の写し》
    ・運転免許証・パスポート
    ・公的医療保険の被保険者証
    ・身体障害者手帳・在留カード

    などのうちいずれか1つ

  • 所得の証明となる書類
    給与所得の源泉徴収票、公的年金等の源泉徴収票、事業所得等に係る収支内訳書など
    (支払を受けているすべての源泉徴収票を用意してください)※1
  • 控除の証明となる書類
    「医療費控除の明細書」または「セルフメディケーション税制の明細書」(申告前にご自身で作成してください)※2
    国民年金保険料、国民健康保険税、介護保険料などの支払額を証明できるもの
    生命保険料、地震保険料などの控除証明書
    障害者手帳
    寄付金の受領証 など
  • 預金通帳などの口座番号が分かるもの(所得税が還付になる方)
  • 前年提出した申告書、収支内訳書の控え(お手元にある方)
  • 税務署から送付された確定申告書、申告案内ハガキ(送付された方) 

 ※1 源泉徴収票がお手元にない場合は、給与や公的年金等の支払者に再発行を依頼してください。厚生年金・国民年金については「岡谷年金事務所(0266-23-3661)」へお問い合わせください。

 ※2 医療費控除を受ける方は「医療費控除の明細書」または「セルフメディケーション税制の明細書」が必要となりますので、ご自身で集計し作成してください。
また、今回の申告(平成29年分の確定申告・平成30年度分の住民税申告)から、医療費の領収書の添付または提示は不要となりました。ただし、申告期限等から5年間は領収書の提示または提出を求める場合がありますので、領収書はご自宅等で保管してください。

所得税の確定申告、町民税・県民税の申告が必要な方(目安)

所得税の確定申告が必要な方

1.給与所得がある方

次の(1)~(3)のいずれかに該当する場合

(1)給与の収入金額が2,000万円を超える

(2)給与を1か所から受けていて、かつ、給与所得以外の所得金額が20万円を超える

(3)給与を2か所以上から受けていて、かつ、年末調整されなかった給与の収入金額と給与所得以外の所得金額の合計額が20万円を超える

2.公的年金等に係る雑所得がある方

次の(1)、(2)のいずれかに該当する場合

(1)公的年金等の収入金額が400万円を超える

(2)公的年金等に係る雑所得以外の所得金額が20万円を超える

3.上記1、2以外の方で所得税の計算の結果、納付税額がある方

所得税の確定申告をすれば税金が戻る方

次のいずれかに該当する方などで、所得税が納めすぎとなっている場合には、所得税の確定申告(還付申告)をすることで所得税が還付されます。

(1)扶養控除、医療費控除、寄付金控除、住宅借入金等特別控除などの各種控除を追加する方

(2)給与所得者で、年の途中で退職したあと就職しなかった方で年末調整を受けていない方

(3)予定納税をしている方で、確定申告の必要がなくなった方

(4)総合課税の配当所得や原稿料などがある方で、年間の所得が一定額以下である方

 町民税・県民税の申告が必要な方

平成30年1月1日現在下諏訪町に居住され、所得税の確定申告が必要でない方で、次のいずれかに該当する方

(1)給与所得、公的年金等に係る雑所得以外の所得がある方

(2)扶養控除、医療費控除、生命保険料控除などの各種控除を追加する方

(3)事業所から給与支払報告書、公的年金等支払報告書が下諏訪町に提出されていない方

(4)国民健康保険、後期高齢者医療保険、介護保険に加入している方、福祉、県営住宅、教育関係の制度などで町民税・県民税の申告が必要とされている方

(注)所得税の確定申告が必要でない方であっても、町民税・県民税の申告が必要な場合があります。また、所得税の確定申告をされる場合は、町民税・県民税の申告は不要です。

インターネットを利用した確定申告について

国税庁のホームページで確定申告書の作成ができますので、ぜひご利用ください。

確定申告特集(国税庁:外部リンク)

作成した申告書は(1)書面で提出、(2)インターネットで送信(e-Tax)のいずれかの方法で提出してください。 

申告書の提出・お問い合わせ先

所得税の確定申告書の提出・お問い合わせ先

住所 〒392-8610 諏訪市清水2丁目5番22号 諏訪税務署 個人課税部門
電話番号 0266-52-1390(自動音声案内)

町民税・県民税の申告書の提出・お問い合わせ先

住所 〒393-8501 下諏訪町4613番地8 下諏訪町役場 税務課 町民税係
電話番号 0266-27-1111(内線231~233)

各種様式等

 

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

税務課 町民税係
下諏訪町4613-8
電話番号:0266-27-1111
ライフシーンから探す