出産育児一時金の支給について

最終更新日: 2016年11月1日

国民健康保険に加入している方が出産したとき、出産育児一時金が支給されます。

対象者

妊娠12週(85日)以降であれば、死産・流産でも支給されます

支給金額

●生まれた子ども1人につき40万4千円
●産科医療補償制度に加入する医療機関等において出産した場合は42万円

申請手続き

通常は出産された医療機関で申請できます。
出産費を支払った場合は、申請に必要なものを用意いただき、住民環境課国保年金係へ申請してください。

申請に必要なもの

●母子健康手帳
●国民健康保険証
●印かん
●医師の証明書(死産・流産の場合)
●マイナンバーのわかるもの
●本人確認できるもの

出産費の支払いが困難な場合

出産費の支払が困難な場合、申請して認められると、出産一時金の一部を事前に貸付できる制度があります。ご希望の方は住民環境課国保年金係までご相談ください。

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

住民環境課 国保年金係
下諏訪町4613-8
電話番号:0266-27-1111
ライフシーンから探す