療養費の支給について

最終更新日: 2018年4月1日

次のような場合、住民環境課国保年金係へ申請してください。
支給審査で決定すれば、自己負担分を除いた額があとから支給されます。

(1)緊急、止むを得ない理由で、保険証を提示できず、医療費を全額支払ったとき

申請に必要なもの

●保険証
●診療内容の明細書
●明細がわかる領収書
●印かん
●預金通帳
 

(2)医師が必要と認めるコルセットなど装具をつけたとき

申請に必要なもの

●保険証
●医師の診断書か意見書
●明細がわかる領収書
●印かん
●預金通帳
●実物の写真(靴型装具の場合)
  ⇒靴型装具の申請方法はこちら(32KB)(PDF)
      靴型装具写真貼付台紙(26KB)(PDF)
      靴型装具写真貼付台紙(29KB)(Word)

(3)医師の指示で、マッサージ・はり・灸を受けたとき

申請に必要なもの

●保険証
●医師の同意書
●明細がわかる領収書
●印かん
●預金通帳

(4)柔道整復師の施術を受けたとき

申請に必要なもの

●保険証
●明細がわかる領収書
●印かん
●預金通帳

(5)手術などで輸血に用いた生血代(医師が必要と認めた場合)

申請に必要なもの

●保険証
●医師の診断書か意見書
●輸血用生血液受領証明書
●血液提供者の領収書
●印かん
●預金通帳

(6)海外渡航中に診療を受けたとき

申請に必要なもの

●保険証
●診療内容の明細書と領収明細書(外国語で作成されている場合は日本語の翻訳文が必要)
●印かん
●預金通帳
●パスポート

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

住民環境課 国保年金係
下諏訪町4613-8
電話番号:0266-27-1111
ライフシーンから探す