下諏訪町総合ハザードマップ保存版

最終更新日: 2011年3月25日

 東海地震は1854年の安政東海地震から150年経っており、いつ起きても不思議ではないと言われています。糸魚川-静岡構造線断層帯での直下型地震などの巨大地震も、かなり高い確率で発生すると予想されています。さらに、台風や大雨などの自然災害も避けることはできません。

 当町は、諏訪湖から三峰山まで標高差1,128mの変化に富んだ自然の豊かな町であります。一方で市街地は、急斜面の山地を背にして、地盤の弱い扇状地に広がっているため、防災上危険な場所が多くあります。

 町では平成20年3月に、地域防災計画の全面改訂を行い、土砂災害、洪水ハザード、地震ハザード等の基礎調査を実施し、その結果をもとに総合ハザードマップ『何よりも“いのち”が優先』を作成しました。
 大規模な災害時には行政や公的機関が直ちに動けるとは限りません。「自分の命は自分で守る」「自分達の地域は自分達で守る」を合言葉に、家庭や地域、企業等でこの冊子をご活用いただきますことを期待しています。

 いつ、どこで発生するか予測がつかない災害に対し、自分はそのときどうすればよいか、避難する場合に注意することや避難場所、避難路、家族との連絡の取り方などを事前にご家族全員で話し合われ、いざというときの備えを万全にして、被害の拡大を食い止められるよう、いささかなりとも役立てば幸いです。
 また、高齢者・傷病者・障がい者・乳幼児などの「災害時要援護者」と言われる方々につきましては「向こう三軒両隣」の支援が必要となります。こうしたこともご理解いただき、日頃から防災意識を持ち続けて、安全で安心して暮らせるまちづくりに今後ともご協力いただきますようお願い申し上げます。
 なお、総合ハザードマップ(冊子板)をご希望な方は下記までご連絡ください。 

下諏訪町総合ハザードマップ保存版(『何よりも“いのち”が優先』)をPDFファイルでご覧いただけます。

各ページボタンをクリックしてください。

 ハザードマップ

目次 ページ
表紙・裏表紙(PDF/3MB)  
目次等(PDF/550KB) 1~2

地震(PDF/562KB)

3~4
揺れやすさマップ(PDF/2MB) 5~6
洪水(PDF/606KB) 7~8
土砂災害(PDF/643KB) 9~10
防災マップA(防災施設)A(PDF/6MB) 11~12
防災マップA(地震のときの危険箇所)(PDF/6MB) 13~14
防災マップA(大雨のときの危険箇所)(PDF/6MB) 15~16
防災マップB(防災施設)(PDF/8MB) 17~18
防災マップB(地震のときの危険箇所)(PDF/10MB) 19~20
防災マップB(大雨のときの危険箇所)(PDF/11MB) 21~22
防災マップC(防災施設)(PDF/6MB) 23~24
防災マップC(地震のときの危険箇所)(PDF/5MB) 25~26
防災マップC(大雨のときの危険箇所)(PDF/6MB) 27~28
防災マップD(防災施設)(PDF/9MB) 29~30
防災マップD(地震のときの危険箇所)(PDF/4MB) 31~32
防災マップD(大雨のときの危険箇所)(PDF/5MB) 33~34
防災マップE(防災施設)(PDF/10MB) 35~36
防災マップE(地震のときの危険箇所)(PDF/7MB) 37~38
防災マップE(大雨のときの危険箇所)(PDF/8MB) 39~40
防災マップF(防災施設)(PDF/8MB) 41~42
防災マップF(地震のときの危険箇所)(PDF/6MB) 43~44
防災マップF(大雨のときの危険箇所)(PDF/8MB) 45~46
地震防災(PDF/671KB) 47~48
安全対策・耐震診断(PDF/586KB) 49~50
防災の心得・地域で協力(PDF/733KB) 51~52
国民保護・防災情報(PDF/630KB) 53~54

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

総務課 情報防災係
下諏訪町4613-8
電話番号:0266-27-1111
ライフシーンから探す