飼っている犬が高齢でほとんど歩けない状態なので、狂犬病予防注射を受けさせないでいいですか。

最終更新日: 2016年8月12日

狂犬病予防注射の実施が不適当かどうかは、必ず獣医師の診察が必要になります。診察の結果、注射の実施が不適当と診断された場合には、獣医師から発行される「狂犬病予防注射猶予証明書」を役場住民環境課へ提出してください。
なお、証明は毎年必要になります。

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

住民環境課 生活環境係
下諏訪町4613-8
電話番号:0266-27-1111
ライフシーンから探す