第三者の行為による傷病について

最終更新日: 2018年1月4日

交通事故、ケンカ、他人の飼い犬にかまれた等の、第三者の行為により傷害を受けた場合の医療費は、加害者が負担するのが原則ですが、国民健康保険を使って治療を受けることもできます。

ただし、国民健康保険を使って治療を受けたときは、後日、下諏訪町国民健康保険が負担した医療費を第三者(交通事故等の加害者)に請求することになります。

 

示談での注意点

示談後も国民健康保険の給付を受けられるかどうかは、示談の内容によって決まりますので、慎重に行ってください。後日思わぬ問題が生じることのないように、事前に下諏訪町国民健康保険にご相談ください。

特に以下の事例にはご注意ください。

(例1)健康保険で治療を受けている間に示談が成立した場合

被害者が治療費用を含む賠償金を受け取った場合には、その日以降、国民健康保険で治療を受けられなくなります。症状が固定せず、治療が長引く場合でも全額自己負担となります。

(例2)「国民健康保険で治療を受けているから医療費はいらない」といった示談をした場合

医療費の損害賠償請求を放棄したことになり、下諏訪町国民健康保険が立て替えている医療費を加害者に請求できなくなることから、医療費全額について被害者の自己負担となります。

 

 その他

  • 仕事中または通勤途中での傷害は対象外です。

仕事中または通勤途中で受けた傷害は、第三者行為にかかわらず労災保険からの給付を受けることになります。したがって、国民健康保険を使った治療はできませんので、勤務先にご連絡いただき、勤務先担当者や労働基準監督署とよく相談し手続きをしてください。

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

住民環境課 国保年金係
下諏訪町4613-8
電話番号:0266-27-1111
ライフシーンから探す