しもすわまち食育応援隊の活動紹介

最終更新日: 2020年8月14日

 令和2年度は、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、調理実習や料理の試食を伴う食育応援隊の活動が中止または延期となっています。そこで5月から、これまでの活動やレシピの紹介を始めました。8月は、令和元年度の「おやこ食育クッキング教室」の様子を紹介します。
 おやこ食育クッキング教室は、食育応援隊のほか、栄養士会、食生活改善推進協議会、公民館、図書館、保健センターの協力により開催しています。

 毎回、ブックトークからスタートします。図書館で借りられる食に関する本を紹介しながら、親子で食と命について学び、栄養や料理への関心を高める時間としています。
ブックトークの様子

 令和元年度の調理実習では、「オムレツ」「ロールサラダ」「ミネストローネ」「しっとりケーキ」の4品を作りました。このうち、オムレツとしっとりケーキの2品は、パッククッキングで作りました。
調理実習の様子 完成した料理

 今回は、パッククッキングで作るしっとりケーキのレシピを紹介します。耐熱性のポリ袋に材料を入れて混ぜ、20分ゆでるだけの簡単ケーキです。季節のフルーツを飾って盛り付けも楽しんでくださいね!

しっとりケーキの盛り付け見本

しっとりケーキ
<材料:1回分(4人分)>
ホットケーキミックス:50g/牛乳:大さじ3/卵:1個/砂糖:大さじ1/サラダ油:大さじ1
※あればデコレーション用に果物、ハーブ、フルーツソース、ホイップクリームなど

<作り方>
(1)耐熱性のポリ袋に卵⇒砂糖⇒サラダ油⇒牛乳⇒ホットケーキミックスの順に入れて、そのつど袋を手でもんで混ぜ、生地をペースト状にする。ポリ袋の空気を抜いて袋の上部でしっかり縛る。
(2)鍋に湯を沸かし(1)を入れて蓋をする。再沸騰するまで火を強め、沸いたら中火にして20分ゆでる。
(3)ケーキを袋から出して粗熱をとる。好みの厚さに切って皿に盛り、果物やハーブなどで飾る。


今月は、食育応援隊の高木千代子さんからズッキーニを使った素敵なレシピが届きましたのでご紹介します!
鶏肉とズッキーニのレモンソースがけ

鶏肉とズッキーニのレモンソースがけ
<材料:3人分>
鶏胸肉:1枚(200g)/ズッキーニ:1/2本/レモン:小1個(皮も使うので、あれば国産のレモン)
塩・こしょう:適宜/小麦粉:適宜/オリーブ油:大さじ1/パセリ:あれば適宜

<作り方>
(1)ズッキーニは8mm位の輪切りにする。(大きければ半月切りにする。)
(2)ズッキーニをフライパンで素焼きにする。中火で両面に焦げ目が付くように焼き、取り出しておく。
(3)鶏肉は6等分に切る。ラップを敷き、間隔をあけて鶏肉を並べ、上からもラップをかぶせる。めん棒などでたたき、均一な厚さにする。(または、一口大のそぎ切りにする。)
(4)(3)の鶏肉にうすく塩・こしょうをして、小麦粉を付ける。
(5)フライパンにオリーブ油を入れ(4)の鶏肉を焼く。裏返しながら両面に焼き色を付ける。
(6)レモンは半分を薄く6枚の輪切りにし、残りは絞って(5)の鶏肉の上から回しかけ、鶏肉にからめる。絞ったあとのレモンの皮は、みじん切りにする。
(7)盛り付け:皿の周囲にレモンの輪切りと(2)のズッキーニを並べ、中央に鶏肉を盛る。最後に、フライパンに残ったソースを上からかけ、レモンの皮のみじん切り少々とパセリを添える。
 

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

健康福祉課 保健予防係
下諏訪町4613-8
電話番号:0266-27-1111
ライフシーンから探す