通知カードについて

最終更新日: 2019年5月1日

通知カードとは?

通知カードとは、住民のひとりひとりにマイナンバー(個人番号)を通知するものです。

  • 通知カードは、紙製のカードで、住民にマイナンバー(個人番号)をお知らせするものです。
  • 平成27年10月5日現在の住民票に記載されている住所へ、世帯全員分をまとめて世帯主宛の簡易書留により、平成27年11月から12月にかけて配達されました。
  • 券面にはお住まいの市区町村の住民票に登録されている「氏名」「住所」「生年月日」「性別」と「マイナンバー(個人番号)」等が記載されています。

   tuuticard注:

  • 顔写真は記載されていません。通知カードを使用してマイナンバー(個人番号)の確認と本人確認を同時に行うためには、別に運転免許証や旅券等の本人確認書類が必要となります。
  • 通知カードのほかに、マイナンバー(個人番号)交付申請書、音声コード及び申請書ID控が一体化した状態で届きます。

 tuutiittai

 通知カードを紛失したら?

  •  通知カードを紛失した場合、通知カードの再発行は可能です。ただし、次のような方法でマイナンバー(個人番号)の確認・利用をすることも可能です。
  1. マイナンバーカード(個人番号カード)に切り替える。→マイナンバーカード(個人番号カード)申請案内のページへ
  2. マイナンバーカード(個人番号カード)の記載がある住民票を取得する。
  • マイナンバーカード(個人番号カード)の記載がある住民票を取得される場合は、必要とされる理由と提出先を事前にご確認ください(申請書に記入していただきます)。
  • 本人もしくは同一世帯員以外の方が請求される場合は、委任状が必要です。また窓口ではお渡しできませんので、ご本人に郵送いたします。

なくなった通知カードが見つかったら?

必要な物をお持ちいただき、発見した旨の届出をしてください。

  1. 届出できる人・・・・・・紛失届を出された方
  2. 持ち物   ・・・・・・届出人の本人確認書類と通知カード 

通知カードの再交付について

 (手続きの流れ)

  1. 最寄りの警察署・交番で遺失物届の手続きを行い、遺失物届の受理番号を控える。
  2. 再交付申請をする(申請書に遺失物届を届け出た警察署・交番と受理番号を記入していただきます)。
  3. ご自宅にて受取る(お届けまでに3週間程度お時間をいただきます)。
  • ご自宅で紛失した場合は、遺失物届は不要です。
  • 火事で焼失した場合は消防署または市町村の発行する罹災証明書をお持ちください。
  • 遺失物届の受理番号の控え方は、届出た警察署・交番で対応は異なります。口頭で伝えられる場合とメモ等を渡してもらえる場合があります。
  • 通知カードのお届けは、ご自宅(住民票に記載されている住所)へ、世帯主宛の簡易書留により配達されます。
  • ご不在で郵便局での保管期間内に受け取れなかった方は、役場へご来庁ください。その場合は、窓口に来られる方の本人確認書類が必要です。 *注、同一世帯員以外の方が来られる場合は、委任状及び本人と窓口に来られる方の本人確認書類が必要です。

 (持ちもの)

  1. 遺失物届の受理番号が分かるもの もしくは罹災証明書 (ご自宅で紛失した場合は不要)
  2. 本人確認書類(本人以外が手続きをする場合は本人と代理人の書類が必要です) ※注
  3. 手数料 (1枚につき500円)
  4. 委任状 (本人以外が手続きする場合)
  5. 戸籍謄本など親権を確認できる書類・・・15歳未満の方で、申請する親権者が同一世帯にいない場合

※注 本人確認書類について

  1)官公署が発行した顔写真付き証明書 1点

  • 運転免許証、運転経歴証明書(平成24年4月以降交付のもの)、パスポート、マイナンバーカード(個人番号カード)、写真付き住民基本台帳カード、身体障害者手帳、療育手帳、在留カード、特別永住者証明書 等

  2)上記の書類がない場合は 次の書類から 2点

  • 健康保険証、年金手帳(証書)、学生証、医療受給者証 等

   ※但し、健康保険証と介護保険証の2点の組み合わせではお受けできません。

   ※15歳未満と代理人の手続きの場合は、本人と代理人それぞれの本人確認書類が

     必要になります。

(申請できる人)

  本人。 但し、15歳未満は親権者。

   ※本人以外が申請する場合は委任状が必要です → 委任状(36KB)(Word) の様式へ

(申請する場所)

  役場庁舎1階 住民環境課総合窓口係

平成27年10月5日時点に住民票がなかった人は?

マイナンバー(個人番号)が新たに付番されます。付番される理由は、お子さんの出生や、海外にお住まいで平成27年10月5日以降に入国され、初めて住民票を作られた方等です。

  • マイナンバー(個人番号)をお知らせする通知カードは、3週間程度で住民票に記載されている住所へ、世帯主宛の簡易書留により配達されます。
 

平成27年10月5日時点で住民票があった方は、既にマイナンバー(個人番号)が付番されており、通知カードでお知らせされています。  

 

住所や氏名が変わったら?

通知カードに新しい住所やお名前を追記する必要があります。

通知カードと本人確認書類をお持ちになり、お住まいの市区町村役場で手続きを行ってください。

  • 同一世帯員の方なら、本人以外でも手続きできます。窓口に来られる方の本人確認書類をお持ちください。
  • 住所の異動は、通知カードの住所を追記する手続きでは変更できません。 別途、住民異動の届出が必要です。

海外に長期滞在するときは?

出張・留学等で海外に長期滞在される方は、海外への転出の手続きが必要になります。また、通知カードは住所地の市区町村役場に返納してください。→転出届のページへ

  • 通知カードを返納してもマイナンバー(個人番号)は変わりません。
  • 海外へ転出された場合、通知カードの裏に「返納した旨」を追記してお返しいたします。お返しした通知カードは有効なものではなくなりますが、海外にいてもご自身のマイナンバー(個人番号)を確認していただくことができます。
  • 帰国された時は、お返しした通知カードを原則お持ちいただく事になります。大切に保管してください。

海外からもどったら?

 お住まいになる市区町村役場で海外からの転入の手続きをしてください。→転入届のページへ

また、通知カードの再交付申請もしくはマイナンバーカード(個人番号カード)の申請も、原則必要になります。



マイナンバー制度とマイナンバーカード(総務省)

http://www.soumu.go.jp/kojinbango_card/02.html)を加工して作成

 


 

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

住民環境課 総合窓口係
下諏訪町4613-8
電話番号:0266-27-1111
ライフシーンから探す