下諏訪町骨髄バンクドナー助成事業

最終更新日: 2019年5月30日

下諏訪町では、白血病などの治療に使われる骨髄及び末梢血幹細胞移植のために、骨髄等の提供を行う方(ドナー)の負担を軽減し、骨髄移植の推進及び骨髄バンク登録者の拡大を図るため、ドナーとドナーが勤務する事業所に対して、助成金を交付する事業を実施します。

この助成金の交付は、平成31年4月以降に骨髄等の提供をした方に適用します。

 

助成対象者

次のいずれにも該当する方と、その方を雇用する国内の事業所

(1)「日本骨髄バンク」が実施する骨髄バンク事業において、平成31年4月1日以降に骨髄等の提供を完了し、証明する書類の交付を受けた方。

(2)骨髄等を提供した日及び助成金申請時において下諏訪町に住所があり、住民基本台帳に登録されている方。

※上記に関わらず、次のいずれかに該当する方と事業所は、助成対象になりません。

(1)ドナー自身が個人事業主である事業所

(2)国・地方公共団体及び独立行政法人である事業所

(3)他の自治体により同様の助成金交付を受けている方

(4)下諏訪町暴力団排除条例に規定する暴力団関係者

 

助成金の額

  • ドナー

    骨髄等の提供のための通院又は入院等 1日につき2万円

    (1回の提供につき合計10日を上限とします。)

  • ドナーが勤務する事業所

    ドナーの通院又は入院等 1日につき1万円

    (1回の提供につき合計10日を上限とします。)

※骨髄等の採取術またはこれに関連した医療措置によって生じた健康被害に係る通院等の日数は対象外です。

 

申請方法

骨髄等の提供を完了した日から起算して1年以内に、次の書類を、町健康福祉課保健予防係(保健センター)にご提出ください。

  • ドナー

   (1)下諏訪町骨髄バンクドナー助成金交付申請書兼請求書(ドナー用)

   (2)骨髄バンクが発行する骨髄等の提供が完了したことを証明する書類

   (3)健康保険証の写し

   (4)骨髄等の提供のために休暇を取得した日が確認できる書類

  • ドナーが勤務する事業所

   (1)下諏訪町骨髄バンクドナー助成金交付申請書兼請求書(事業所用)

   (2)骨髄バンクが発行する骨髄等の提供が完了したことを証明する書類の写し

   (3)ドナーとの雇用関係が確認できる書類

   (4)ドナーが骨髄等の提供のために休暇を取得した日が確認できる書類

申請後、町で審査を行い、交付決定について通知します。

 

 申請様式

様式はこちらからダウンロードできます。

 

骨髄ドナーに登録するには

  • ドナー登録を希望される方は、町保健センター窓口にあるドナー登録パンフレット「チャンス」をよく読んで、骨髄バンクや登録条件について内容を十分理解してください。

    「チャンス」は日本骨髄バンクのホームページからもダウンロードできます。

  • 「骨髄バンクドナー登録申込書」に必要事項を記入・署名し、献血ルームなどの登録窓口に持参します。
  • 窓口でドナー登録手続きを行います。
  • 腕の静脈から約2mlを採決し、HLA型(白血球の型)を調べます。検査に費用はかかりません。
  • 後日、日本赤十字社から「登録確認証」が届いたら登録完了です。

登録された方のHLA型は、患者さんのHLA型と定期的に適合検索されます。

 

〈諏訪地域の登録窓口〉

    長野県赤十字血液センター 諏訪出張所 諏訪市清水3-3840-1 電話0266-53-7211

〈外部リンク〉日本骨髄バンク

 

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

健康福祉課 保健予防係
下諏訪町4613-8
電話番号:0266-27-1111
ライフシーンから探す