しもすわまち食育応援隊の活動紹介

最終更新日: 2020年7月15日

 令和2年度は、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、調理実習や料理の試食を伴う食育応援隊の活動が中止または延期となっています。そこで5月から、これまでの活動やレシピの紹介を始めました。7月は、令和元年度の「農産物加工セミナー」の様子をご紹介します。

 農産物加工セミナーは、下諏訪町農業技術者連絡協議会からの依頼で、平成30年度から食育応援隊が講師を務めています。夏はブルーベリーをメイン食材として、秋にはリンゴ、カリン、サツマイモをメイン食材として、年に2回セミナーを開催しています。
 
ブルーベリーを使った料理

 昨年の7月は、ブルーベリーのコンフィチュールを使ったドレッシング、ブルーベリーとバナナのスムージー、ブルーベリーのクランブルマフィンを作りました。コンフィチュールは、フランス語で「ジャム」という意味です。今回は「ブルーベリーのコンフィチュール」と「ブルーベリードレッシング」のレシピを紹介します!

ブルーベリーのコンフィチュール
<材料:できあがり約500ml分>
生ブルーベリー:500g/上白糖:200g/レモン汁:小さじ2

<作り方>
(1)ブルーベリーは、洗って水気をきる。
(2)酸に強い鍋(ホウロウまたはステンレス)に、ブルーベリーと半量の砂糖を入れ、弱火にかける。蓋をしないで約5分間煮る。
(3)(2)に残りの砂糖とレモン汁を加え、中火にかける。
(4)とろみがついてきたら、煮え加減を確認する。(冷凍庫で冷やした小皿に少量たらし、その上を指先でなぞって、できた筋が消えなければ火を止めて完成です。ゆるくて筋にならない場合はもう少し煮ます。)

ブルーベリードレッシングのサラダ

ブルーベリードレッシングのサラダ
<材料:1回分>
ブルーベリーのコンフィチュール:大さじ2/オリーブ油:大さじ2
水:大さじ1/レモン汁:小さじ1/塩:小さじ1/2/コショウ:少々
旬の野菜(フリルレタス、ハーブミックスなど):適宜
カッテージチーズ:適宜

<作り方>
(1)ボウルにブルーベリーのコンフィチュール・オリーブ油・水・レモン汁・塩・コショウを入れてよく混ぜる。
(2)野菜は洗って水気をきり、食べやすい大きさにちぎって皿に盛り付ける。
(3)(2)にカッテージチーズを散らし、(1)のドレッシングをかける。
 

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

健康福祉課 保健予防係
下諏訪町4613-8
電話番号:0266-27-1111
ライフシーンから探す