子宮頸がん予防ワクチン

最終更新日: 2022年4月18日

 子宮頸がんの原因となる、ヒトパピローマウイルスワクチン予防ワクチンの予防接種についてお知らせします。

 ヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチンは、子宮頸がんを起こしやすい2~4つのウイルスの感染を防ぎ、そのことにより、子宮頸がんの原因となる50~70%を防ぐことができます。

 ワクチンとの因果関係が否定できない持続的な痛み等が接種後にみられたため、一時的に個別に予診票等を送付し周知する積極的勧奨を控えていましたが、令和4年4月から、積極的勧奨が再開されました。

 また、平成9年(1997年)4月2日~平成18年(2006年)4月1日までに生まれた女性の方で定期接種期間に接種ができなかった方へも、接種機会をご提供します。(キャッチアップ接種)

 

定期接種対象者

 小学6年生~高校1年生相当の年齢の女子(標準的接種年齢:中学1年生)

 下諏訪町では、中学1年生以上の方へ個別通知をします。小学6年生でご希望の方は、保健センターまでご連絡ください。

 接種するにあたっては、子宮頸がん予防ワクチン接種の有効性及び安全性やリスクについて十分に理解した上で受けるようにしてください。

詳しくは以下のリーフレットをご覧ください。
「概要版:小学校6年~高校1年相当の女の子と保護者の方へ大切なお知らせ」はこちら(398KB)(PDF)((4MB)(PDF)厚生労働省ホームページ)


「詳細版:小学校6年~高校1年相当の女の子と保護者の方へ大切なお知らせ」はこちら(5MB)(PDF)(厚生労働省ホームページ)

 

 キャッチアップ接種対象者

 平成9年(1997年)4月2日生~平成18年(2006年)4月1日生の女性でHPVワクチンの接種が3回完了していない方

対象の方へ個別通知をしますが、対象者が多いため、下記の通り対象者を分けてご案内します。ただし、早めに接種をご希望の方は接種可能ですので、保健センターまでご連絡ください。

令和4年度:H14年(2002年)4月2日生~H18年(2006年)4月1日生に送付

令和5年度:H9年(1997年)4月2日生~H14年(2002年)4月1日生に送付予定

以下のリーフレットもご覧ください。
「HPVワクチンの接種を逃した方に接種機会をご提供します」はこちら(1MB)(PDF)(厚生労働省)

 

 公費接種できる期間

令和7年(2025年)3月31日まで

その他 

 定期接種年齢後に任意接種した方への、接種費用の償還払いについて検討していますので、令和4年4月1日時点に下諏訪町に住民票があった方は、保健センターまでご連絡ください。

 

子宮頸がんの予防には、定期的な子宮頸がん検診が重要です。
ワクチンを接種していても、子宮頸がんが発症する可能性はあります。20歳を過ぎたら、定期的に子宮頸がん検診を受けるようにしましょう。

 

 HPVワクチンに関する相談先

 

接種後に、気になる症状等があるとき

接種を行った医療機関、かかりつけ医へご相談ください。

 

不安や疑問、困ったことがあるとき

県に設置された相談窓口

長野県健康福祉部感染症対策課 026-235-7148(月~金曜日 8時30分~17時15分)

 

HPVワクチンを含む予防接種、性感染症、その他感染対策全般について

厚生労働省 感染症・予防接種相談窓口

03-5276-9337(月~金曜日 9時~17時)

 

予防接種による健康被害救済に関する相談

お住いの市町村の予防接種担当窓口

下諏訪町保健福祉課保健予防係(下諏訪町保健センター) 0266-27-8384

 

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

保健福祉課 保健予防係
下諏訪町4613-8
電話番号:0266-27-1111
ライフシーンから探す