下諏訪総合文化センターのあり方を検討する会議

最終更新日: 2022年6月27日

下諏訪総合文化センターのあり方検討について

1 経 緯

 地域住民の文化芸術の振興と福祉の増進を図る拠点施設である下諏訪総合文化センターは、開館から33年が経過し、施設や設備の老朽化が進んでいる。またホール天井は現行法令に適合しない「既存不適格」であることや、指定避難所として近年頻発している大規模災害に備える機能の向上など、多くの課題があることから、今後の施設のあり方を決定する必要があります。

2 目 的

 開館以来33年が経過した総合文化センターの今後のあり方について、どのような運営が必要なのか(運営方針)・どのような施設整備が必要なのか(改修計画)を協議し、具体策を検討する。

3 検討体制

 次の機関を設置して検討を進めます。

(1)名   称   下諏訪総合文化センターのあり方を検討する会議

(2)事   務   下諏訪総合文化センターのあり方について検討・協議すること

(3)委員構成   学識経験者、音楽関係者、社会教育団体関係者、学校関係者
            設備関係者、一般住民(公募)

(4)定   数   10名以内

(5)任   期   下諏訪総合文化センターのあり方に関する検討が終了するまで

下諏訪総合文化センターのあり方を検討する会議

第1回会議 会議録及び資料

区   分 会議録及び資料

第1回会議
(令和4年4月28日)

第1回会議録(524KB)(PDF)
第1回次第及び資料(2MB)(PDF)

 第2回会議 会議録及び資料

区   分 会議録及び資料

第2回会議
(令和4年5月20日)

第2回会議録(458KB)(PDF)
第2回次第及び資料(381KB)(PDF)

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

教育こども課 生涯学習係
下諏訪町4613-8
電話番号:0266-27-1111
ライフシーンから探す