木造住宅の耐震診断・耐震改修補助制度について

最終更新日: 2017年4月1日

(平成29年度から補助金限度額が100万円になりました)

下諏訪町では、地震に強いまちづくりを推進するため、木造住宅の耐震診断・耐震改修に対する補助制度を以下のとおり設けています。

注:補助申請を希望される方は、必ず事前にご相談ください。交付決定前に着手された場合は、補助の対象外となりますのでご注意ください。

耐震診断

【対象住宅】☆次の全てに該当する住宅

  1. 昭和56年5月31日以前に工事着手した木造住宅
  2. 一戸建ての住宅又は2分の1以上が住宅として使用されている併用住宅
    (長屋、共同住宅及び賃貸住宅は対象外)
  3. 在来工法で階数が2階以下の住宅(ツーバイフォ工法や非木造の住宅は含まれません)

【費用】

無料(国・県・町が負担するので無料です)

耐震改修

 【対象住宅】☆次の条件を全て満たす住宅

  1. 下諏訪町が実施する耐震診断の結果、総合評価が1.0未満の住宅
  2. 耐震補強の結果、評点が0.7以上で工事前の評点を上回る工事、または現地建替え工事(既存住宅の除却を伴うもの)で年度内(概ね2月末日)に工事完了するもの

【補助額】

  • 補助対象工事費の2分の1に30万円を限度に加算した額(限度額100万円)

  注:加算措置 平成29年度限り

  例1:補助対象工事費が120万円の場合 1/2の額60万円+30万円加算=90万円の補助金

  例2:補助対象工事費が150万円の場合 1/2の額75万円+25万円加算=上限100万円の補助金

【対象となる工事】

  • 基礎・柱はり・筋交い(耐力壁)の補強・軽量化のための屋根のふき替え等の耐震補強工事で、工事後の総合評点が0.7以上かつ工事前の評点を上回る工事。
  • 現地建替え工事(診断の結果、評点が1.0未満の住宅について、これを除却し、建替え前の住宅と同一敷地内に新たに一戸建て住宅を建築するもの)

【補助を受けられる方】

  • 給与収入のみの方は、収入金額が1,442万円以下であること。
  • その他の方は、所得金額が1,200万円以下であること。

注:予算の枠に限りがあるため、年度の途中で申請受付を終了することがあります。事前にお問い合わせください。

関係書類のダウンロード

耐震診断

耐震改修

「下諏訪町住宅耐震化緊急促進アクションプログラム」を策定しました

 下諏訪町は、木造住宅の耐震化を緊急に促進するため、「下諏訪町住宅耐震化緊急促進アクションプログラム」を策定しました。


日本建築防災協会のホームページでは、お住まいの住宅の耐震性を簡易的にチェックすることが出来ます。
下記よりご利用ください。

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

建設水道課 都市整備係
下諏訪町4613-8
電話番号:0266-27-1111
ライフシーンから探す