国民健康保険証の取扱いについて

最終更新日: 2018年4月1日

保険証について

保険証は、国民健康保険(国保)の加入者であることの証明書です。

一人に1枚交付されます。

お医者さんにかかる時は、忘れずに持っていきましょう。

正しく使いましょう

  1. 交付されたら記載内容を確認してください。間違いがあった場合は、住民環境課国保年金係に届け出ましょう。勝手に書き直すと使えません。
  2. 貸し借りはできません。法律で罰せられます。
  3. 有効期限が過ぎた保険証は使えません。ご自身で裁断のうえ破棄してください。(毎年10月に一斉更新のため、有効期限が設定されています。新しい保険証は9月末に送付されます。)
  4. 破損や紛失したときは、住民環境課国保年金係で再発行の手続きをしてください。
  5. 資格がなくなったときは手続きが必要です。住民環境課国保年金係へご連絡ください。
  6. 修学などで転出する場合は届出が必要です。届出をしないと、保険証が使えません。印かん、国民健康保険証、在学証明書または学生証など(学生の場合)をお持ちいただき、届出をお願いします。実際に居住しているご住所を記入していただくところがありますので、わかるようにしてきてください。

保険証(被保険者証)を医療機関の窓口に提示すると、かかった医療費の一部を負担する事で、診療を受けることができます。残りの費用は、国保が負担します。医療機関にかかる時は必ず保険証を提示してください。70~74歳の方は、保険証とともに高齢受給者証も窓口へ提示してください。

 医療機関の正しいかかり方

医療費は、近年増加の傾向が続いています。

医療費の節約にご協力をお願いします。

  1. 緊急時以外は、休日や時間外の受診は避けましょう
  2. かかりつけ医を持ちましょう
  3. 同じ病気で「はしご受診」や「重複受診」はやめましょう
  4. 子どもが急病のときにはまずは小児救急電話相談に電話相談をしてみましょう
    #8000(かからない場合は0263-34-8000 平日19時~23時)
  5. 薬のもらい過ぎに注意しましょう
  6. 治療は途中でやめず、最後まで通院しましょう
  7. ジェネリック医薬品を利用しましょう
    住民環境課国保年金係に、保険証やお薬手帳に貼って使えるジェネリック医薬品希望シールをご用意しています。必要な方はご連絡ください。

ダウンロード

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。 詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

住民環境課 国保年金係
下諏訪町4613-8
電話番号:0266-27-1111
ライフシーンから探す