平成30年度の軽自動車税 / 税率

最終更新日: 2018年5月1日

軽自動車税とは、毎年4月1日(賦課期日)に車両(原付・二輪・三輪・四輪の車)を所有している方に納めていただく税金(年税)です。

年税のため、年度途中の登録・廃車による月割はありません。

また、平成26年度・平成27年度の税制改正において税負担水準が見直され、軽自動車税の引き上げが行われました。地球環境を保護する観点から課税の仕組みが変わりました。

 

1、三輪および四輪車の税率(総排気量が660cc以下)

自動車検査証の「初度検査年月」から経過年数により税率が変わります。

税率
車種 A:自動車検査証の「初度検査年月」が平成27年4月以降 自動車検査証の「初度検査年月」が平成27年3月以前で、
B:13年を経過しない C:13年を経過した
三輪(乗用・貨物用) 3,900円 3,100円 4,600円
四輪以上のもの 乗用 自家用 10,800円 7,200円 12,900円
営業用 6,900円 5,500円 8,200円
貨物用 自家用 5,000円 4,000円 6,000円
営業用 3,800円 3,000円 4,500円
  • 注:平成30年度は、「初度検査年月」が「平成17年3月」以前の車が「13年を経過した」車となります。
  • 注:電気自動車、天然ガス車、メタノール・混合メタノール車、ハイブリッド車(ガソリン)、被けん引車は経過年数にかかわらず、上記の表のAまたはBの税率となります。
 

税率の軽減について

上記の税率から車の燃費性能に応じて軽減されます。平成30年度のみ軽減されます。

軽減の条件および税率は下記のとおりです。

条件
自動車検査証の「初度検査年月」が「平成29年4月から平成30年3月まで」で、下表の条件を満たすもの。

税率を軽減する条件
自動車検査証の「用途」 おおむね75%軽減の条件 おおむね50%軽減の条件 おおむね25%軽減の条件
乗用 電気自動車(EV)
または
天然ガス車
平成32年度燃費基準+30%達成車
かつ
★★★★
低排出ガス車
平成32年度燃費基準+10%達成車
かつ
★★★★
低排出ガス車
貨物用 電気自動車(EV)
または
天然ガス車
平成27年度燃費基準+35%達成車
かつ
★★★★
低排出ガス車
平成27年度燃費基準+15%達成車
かつ
★★★★
低排出ガス車
軽減した税率
車種 おおむね75%軽減の条件 おおむね50%軽減の条件 おおむね25%軽減の条件
三輪(乗用・貨物用) 1,000円 2,000円 3,000円
四輪以上のもの 乗用 自家用 2,700円 5,400円 8,100円
営業用 1,800円 3,500円 5,200円
貨物用 自家用 1,300円 2,500円 3,800円
営業用 1,000円 1,900円 2,900円
  • 注:天然ガス車とは・・・平成30年排出ガス規制に適合または、平成21年排出ガス基準からNOx10%低減に該当する車。
  • 注:低排出ガス車とは・・・平成30年排出ガス基準50%低減達成車または、平成17年排出ガス基準75%低減達成車(★★★★)。
 

2、原付および二輪車などの税率

下表の車種には税率の軽減はありません。

税率
車種 区分 税率
原動機付自転車 50cc以下 2,000円
50cc超90cc以下 2,000円
90cc超125cc以下 2,400円
ミニカー(50cc以下) 3,700円
小型特殊自動車 農耕作業用(トラクタ、コンバイン、薬剤散布車、田植機など) 2,400円
その他(ホイルローダ、フォークリフトなど) 5,900円
軽二輪車 125cc超250cc以下 3,600円
小型二輪車 250cc超 6,000円
雪上車 区分なし 3,600円
ボートトレーラ 区分なし 3,600円

 

3、そのほか

初度検査年月について

自動車検査証の様式が変更された平成15年10月14日以前に最初の車検を受けた車両については、初度検査の「月」が把握できないことから、最初の車検を受けた年の12月を初度検査の月とします。
( 例:H14年 → H14年12月 )

 

農耕作業用車について

農耕作業用車(トラクタ、コンバイン、薬剤散布車、田植機など)は、公道を走らなくても登録が必要です。

 

!軽自動車税に関するほかの情報について

下記「関連リンク」からお選びください。

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

税務課 収納係 (町庁舎2階)
電話番号:0266-27-1111 (内線:238番)
ライフシーンから探す